車検対応・保安基準適合

平成25年4月1日より、平成22年4月1日以降に生産された車両が、初めて車検を迎えることになります。これらの車両に装着されているスポーツマフラーは「事前認証」を取得したマフラーでないと、車検を受けることができません。

車検を受ける前に、後付消音器の性能等確認機関が発行する表示/プレートをご確認の上、車検をお受けください。
また、平成22年3月31日以前に生産された車両で、JASMA認定品をご使用の方は、引き続き車検を受けることができます。

性能等確認済マフラーについての詳細は下記PDFをご覧ください。

  1. 騒音低減機構を容易に除去することができる構造の禁止
  2. 加速走行騒音防止性能の義務付け

使用過程車(平成22年度4月1日以降の生産車に限る)について、いままでの近接排気音に付け加え、そのマフラーに対し、「加速走行騒音を有効に防止するものであること」が新たに追加されます。具体的には下記のA又はBの基準に適合するものとします。
(乗車定員11人以上の自動車、車輌総重量3.5トンを超える自動車、大型特殊自動車及び小型特殊自動車は除く。)

A.次のいづれかの表示のあるマフラー
  1. 純正品表示(車両形式認証を受け亜自動車が備える純正マフラーに行う表示
  2. 装置型式指定品表示(自マーク)
  3. 性能等確認済表示(登録性能等確認機関が確認した後付マフラーに行う表示
  4. 国連欧州経済委員会規制(ECE規制)適合品表示(Eマーク)
  5. 欧州連合司令(EU司令)適合品表示(eマーク)
B.次のいづれかの自動車等が現に備えているマフラー
  1. 加速走行騒音レベルが82dB(原動機付自転車は79dB)以下である自動車など
  2. 加速走行騒音レベルがECE規則またはEU指令に適合する自動車

下記の項目が今までの規制に追加となります。
  1. 排気管(マフラーは、その上方のフロア・ラインを含む鉛直面から10mmを超えて突出してはならない。(図1)
    ※自動車が静止中及び、走行中のいずれの状態においても適応するものとする。
  2. 排気管(マフラー)は、その端部に丸みを付けてあり、かつ、2.5mm以上の曲率半径を有するものにあたっては、フロア・ラインを含む鉛直面から10mmを超えて突き出しても良い。(図2)(但し、極端に車枠から突出し、危険物とみなされる場合は除く。)
 
copyright©The Japan Automotive Sports Muffler Association. All Rights Reserved.